ゆとりある一戸建て住宅

つみき

中心街を外れれば低価格

家族が安心して暮らすことのできるマイホームには、集合住宅よりも一戸建てが適しているという考えがあります。小さな子どもがいる家庭では、集合住宅だと両隣、上下階の住人に気を遣いがちです。住宅建設にあたっては独立した家屋である一戸建て、できれば庭もほしいという要望は少なくないのです。東京都内では土地の価格が高いため、これらの希望をかなえるためには大きな投資が必要になります。一般家庭での収入では難しい場合もあるのです。しかし都内から電車で1時間ほど離れれば、宅地の価格も下がります。注文住宅を建てる余裕が生まれるのです。人口密度の大きい神奈川県においても注文住宅の建設は珍しくありません。神奈川県は東京都に隣接し、経済的な結びつきが強い地域です。それだけではなく県内にも安定した雇用環境、教育機関が整っているのです。立地条件の良さから、神奈川県の土地はマイホームの建設候補地に挙がりやすくなっています。新築一戸建てに住みたいのであれば、デベロッパーの手がける分譲地を購入するのも一つの方法です。近年では広い工場跡地をまるごと開発し、ニュータウンさながらの街並みを作り上げている場所もあります。しかし建ち並ぶ家屋の外観は統一されており、近代的でスタイリッシュな印象は受けますが、個性的な注文住宅を立てる環境ではありません。神奈川県内で個性を活かした注文住宅を建てたいのであれば、中小規模の住宅地内で売り出される土地を購入するのが良いでしょう。